ひなたの考え方

こどもがまんなか

一人一人の子どもの興味や関心・疑問を中心に、レッスンや作品づくりの題材を話し合って決めていきます。
そのため同じ年齢であってもバラバラの課題をやっていることもあります。
レッスンの進め方も子どもの納得と達成感を大切にして、一人一人のペースを大事にします。
講師は子どもの学びを支援する人です。

idea02

素材の感触や書き味のちがいなど触って感じることを大切にします。
実感を伴った学びを重視しています。

idea03

レッスンのあとは3つのおみやげを持って帰れます。

1つめは技術。文字は伝えるための道具です。読みやすく伝わりやすい文字を書く技術が身につきます。
2つめは作品。家ですぐ飾ったり使ったりできる状態に仕上げて持ち帰ります。
3つめは自信。どんな子も必ず上達していきます。少しずつできるようになったという達成感は自信につながります。

これらの考えかたに基づいて、手で書くことを楽しみながら、違いを認め合い、それぞれの自分らしさを見つけていける場所にしたいと考えています。